一般社団法人設立のときに作る印鑑はどんなもの?

一般社団法人設立にあたっては、その設立手続きにおいて個人の実印が必要になりますが、設立する一般社団法人の実印等も通常、設立登記と合わせて法務局に実印登録するため、この段階で作っておくことになります。

「どんなハンコを作る必要があるの?」「普通は何て彫るの?」など、実は一般社団法人の印鑑についてはご質問が多いため、ここで簡単にまとめてみました。

一般社団法人設立で必要なハンコ

まず最初に必要なのは、設立する一般社団法人の実印として登録するためのハンコです。

一般社団法人の実印

材質は様々ですが、通常は柘(つげ)か黒水牛などの材質で作られる方が多いです。

彫る文言ですが、周囲の円(回文)には「一般社団法人○○」と法人名を、中央の円の中(中文)には「代表理事之印」あるいは「理事長印」などとするのが一般的です。

一般社団法人設立で必ず必要なのは、個人の実印を除けば実は一般社団法人の実印登録する印のみです。そのため、できるだけコストをかけずに法人を立ち上げるときは、材質を柘(つげ)にして実印のみ作成するパターンをとります。

もっとも、大抵の一般社団法人設立では実印の他、銀行印と角印も同時に発注するケースがほとんどです。

一般社団法人の銀行印

銀行印は、一般社団法人設立の後、法人として銀行口座を開設するときの金融機関届出印として利用します。この印を別途作るのではなく、法人の実印と兼用する場合には作る必要がありません。

銀行印を作る場合、回文は実印同様「一般社団法人○○」と名称を彫り、中文として「銀行之印」などとします。

一般社団法人の角印

角印は、契約を締結するなど実印が必要となる書類以外で、よく押す機会のある印です。「一般社団法人○○之印」などで作るのが通常です。

設立3本セット

以上の実印、銀行印、角印を合わせて「一般社団法人設立3本セット」などと呼ぶこともあります。3本セットで入れられるケースも一般的なことから、この3本がいかにセットで設立時に作られているかが分かりますね。

設立手続きと並行しての代行発注も可能です

当事務所に一般社団法人の設立をご依頼頂く場合、必要な印鑑の代行発注なども承っております。

材質などをご指定頂くことも可能ですし、コスト重視なのか、それとも迫る設立日のために納期重視なのかなど、お客さまのご希望・状況に応じて対応できますので、設立手続きと合わせてご不安・お困りのある方は、ご相談の際にお申し付けください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

お問い合わせはこちら

ページトップへ戻る