合同会社の払込証明書を作る

合同会社を設立するための資本金の振込が完了したら、それを証明するために払込証明書を作ります。 合同会社を設立する段階では、まだ会社自体の口座がありません。そのため、資本金は設立する合同会社代表社員となる人の個人口座になり…

続きを読む

合同会社の資本金の振込

合同会社を設立するにあたっては資本金の額の設定が必要ですが、資本金は設立の過程で振込手続きを行い、間違いなく資本金が存在することを証明するために払込証明書を作成しなければなりません。(払込証明書がないと、法務局で合同会社…

続きを読む

合同会社の設立に必要なモノは?

合同会社を設立する際、必要になるモノは何があるでしょうか。どのような構成で設立するかによっても多少異なりますが、簡単に説明してしまうと、合同会社設立の完了までには以下のようなものが必要になります。 代表社員になる人の印鑑…

続きを読む

合同会社の資本金を決める

合同会社を設立する際、資本金の額で悩まれる方は意外と多いです。合同会社は株式会社よりも設立コストが安価で済むこと、また小規模の会社を設立する際にも利用されること、既に事業として動いている個人事業に法人格を与えるために活用…

続きを読む

合同会社の事業年度を決める

合同会社を設立する際、会社の事業年度は定款で定めておかなければなりません。会社の事業年度が終了すると決算となりますが、大きな会社は3月末に事業年度が終了して決算を迎えることになります。 もっとも、1人または数人で立ち上げ…

続きを読む

合同会社の本店所在地を決める際の注意点

合同会社設立では、会社の本店所在地をどこにするか決めなければなりません。 合同会社のルールが定められている会社法上、本店の所在をどこに置かなければならないかという制約はありません。しかし、だからといって好きな場所を適当に…

続きを読む

合同会社の事業目的を決める際の注意点

合同会社設立にあたってその会社の定款を作成するとき、意外と悩むことになるのが会社の事業目的ではないでしょうか。 簡単に言ってしまえば事業目的には「その会社がこれから行う事業を挙げる」ことになりますが、実際にはいろいろと問…

続きを読む

合同会社の会社名の決め方

これから合同会社を設立するとき、まず初めに決めなければならないのが設立する会社の社名(商号)です。 合同会社の場合、会社名には必ず「合同会社」という4文字を入れなければなりません。どのような会社組織であるのか、取引先など…

続きを読む

合同会社を設立するとき作る印鑑は?

これから合同会社を設立する場合、設立手続きの過程で(個人の実印ではなく)会社の実印として使うハンコを作ることになります。 会社の印鑑については、ちょっと悩まれる起業家様もいらっしゃるようですので、ここでは簡単にですが印鑑…

続きを読む

合同会社はどれくらいの期間で設立することができる?

合同会社はどのくらいの日数があれば設立することができるでしょうか。 「ウチと取引するなら法人格がないとダメだよ」と言われ、商談を成立させるために短期間で法人格を取得する必要が生じるケースも多々あります。また、たとえば中古…

続きを読む

ページトップへ戻る